【宅建(権利関係)】9.保証債務、連帯債務【勉強ノート】

保証債務とは

保証とは債務者が弁済できなくなったときに備えて代わりに弁済してくれる保証人を立てる

こと

保証契約は書面又は電磁的記録でなければその効力を生じない

 

<保証人となる資格>

誰でもなれるが、民法では債務者が保証人を立てる義務がある場合は行為能力者であること、

弁済の資力を有することを条件としている

保証債務の性質

①付従性

主たる債務が成立してはじめて成立する。主たる債務が消滅すればそれに伴って消滅する

主たる債務者に生じた効力は保証人にも及ぶ(時効の中断など)

逆に保証人に生じた事由の効力は原則として債務者には及ばない

②随伴性

保証債務は主たる債務が移転するときはそれに伴って移転する

③補充性

保証人は主たる債務者が弁済しない場合のみ弁済すれば良い

※催告の抗弁権:債権者が保証人に請求してきたら「まずは主たる債務者へ」と主張できる

検索の抗弁権:請求されたら債務者に弁済資力があり、容易に執行できることを証明して

「まずは主たる債務者へ」と主張できる

⇒債務者が破産手続開始の決定を受けた時、行方不明のときは以上の抗弁権を行使できない

<範囲>

保証債務の範囲は主たる債務&利息、違約金、損害賠償も含まれる

<求償権>

保証人が弁済した時には債務者に求償することが出来る

◎保証人が債務者の委託を受けて保証人となった場合⇒全てにおいて求償できる

◎保証人が債務者の委託を受けないで保証人となった場合⇒債務者が受けた利益分を限度

◎保証人が債務者の意思に反して保証人となった場合⇒現に利益を受けている限度で

 

連帯債務

同じ内容の債務について複数人の債務者が各自独立して全責任を負うこと

保証よりも債権の効力を強める作用を持つ

◎債権者は同時に請求してもよいし、順次に請求してもよい

<絶対的効力>⇒他の債務者にも効力を及ぼす

A.B.Cが連帯債務を負っていて各人の負担部分が平等である場合

①履行の請求

債権者がAに履行請求をすれば、B,Cにもしたことになる

②更改

従来の債務内容を他の債務内容に変える契約(代物弁済ではない)

債権者が金銭債権を消滅させて、Bの土地を渡す契約をした場合、BはAとCに

求償できる

③相殺

Bが債権者に対して反対債権を有している場合で相殺した場合

⇒AとCに求償することが出来る

④免除

債権者がAの債務を免除した場合、BとCは債権者に2000万円の連帯債務を負うことになる

⑤混同

債務者と債権者が同一になること

Aが債権者を相続した場合、債権は消滅するがAはBとCに対して負担部分だけ求償できる

⑥時効の完成

時効は債務者各人別々に生じる。Bの時効が完成し、Bの債務が消滅した場合AとCが債権者に

2000万円の連帯債務を負うことになる

※求償に関して

支払った額のみではなく、免責のあった日以後の法定利息と避けることのできなかった費用

その他損害賠償を含む。

 

<相対的効力事由>

上記以外のものは他の債務者に影響を及ぼさない

債務の承認、強制執行に基づく時効の中断、時効利益の放棄、債権譲渡の通知など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です